マタニティインナーの選び方

妊娠するとしだいに子宮が大きくなったり胸も大きくなりますのでそれまで着用していたインナーが身体に合わなくなるのでマタニティインナーの使用を検討します。マタニティインナーを購入する際にはどのように選べばいいのでしょうか。まずマタニティブラジャーですが基本的には妊娠前よりアンダーは1サイズアップさせて、カップは1から2カップ大きめのものを購入するようにします。サイズの図り方は一般的なブラジャーと変わりはありませんので、今まで使用していたサイズを参考にして選びます。そして授乳期まで使用することを考えてワイヤーが入っていないものやソフトワイヤーのもの、授乳する機能のついたものを選ぶようにします。次にマタニティブラトップやハーフトップですが就寝時やつわりがつらい時期に使用することができるものです。授乳期にも使用できるようにクロスオープンやフロントオープン、ストラップオープンのものなどさまざまありますでの自分が使いやすいものを選ぶようにします。

サイズですがサイズはS・M・L・LLなどで表記されているので妊娠前に使用していた洋服がMサイズの人はMをSサイズの人はSを選ぶとちょうどいいです。それから妊娠5か月目の戌の日に安産祈願として神社に帯祝に行くと思いますが、その時に持っていく腹帯(マタニティサポート)はお腹が目立ちはじめる4・5か月目から使用することになりますが、腹帯はどのように選べばいいのでしょうか。腹帯のサイズは妊娠してからお腹が大きくなることを見込んだサイズ表記がなされていますので、基本的には妊娠前のサイズと同じものを購入することになります。妊娠前のサイズがMの場合にはマタニティサイズのMからLもしくはMを選ぶことになります。しかし標準よりも身長が高めの人や体重増加がほかの人よりも多くなってしまっている人はワンサイズ大きいサイズを選んでも大丈夫です。サイズをはかってみてから決めるというようにするのもいいでしょう。腹帯にはさまざまな種類があり、さらしタイプやコルセットタイプ、ガードルタイプ、補助帯つきのものなどがあります。さらしタイプは締め付けの度合いを調整することができるのである程度大きさが変化しても対応することができます。

コルセットタイプは腹巻のように筒形になっており装着が非常に簡単でソフトなつけ心地となります。ガードルタイプはショーツのような形をしておりしっかりとお腹をサポートすることができます。補助帯のついたものはコルセットタイプに補助帯がついたもので、締め付けを調節することができ、補助帯を取り外すことができるものもあります。この中から自分が一番使いやすいものを選ぶといいでしょう。