マタニティを賢く着こなそう

妊娠していよいよお腹が出てきた、という時、服の買い替えを考える人が主流だと思います。ところがマタニティには、期間が限定される割に高い、デザイン性の高いものが少ないなどのあまり良くないイメージを抱いている人も多いのではないでしょうか。確かに一昔前までは、高い割にダサい、というものが多かったです。しかし昨今、マタニティは飛躍的な進化を遂げています。まず、量販店や通信販売でさまざまなデザインのものが安価で手に入れられるようになりました。デザイン性の高さもさることながら、機能的にもお腹がスッキリ見えるとか、ヒップラインが美しい、着脱がしやすいなど、妊婦にとって嬉しい作りのものが増えています。また、授乳中や、産後まで長く着られる汎用性の高いものも多く、短い期間しか着られないもったいなさもない商品も出てきたので、妊娠中だから気に入らないものでも我慢して着なければならないというストレスも軽減されているのではないでしょうか。

しかし、大きく体型が変わるのは産後まで含めても一年そこそこのこと。手持ちの服をすべて交換するというにはやはりそれなりのコストが掛かります。これから家族も増えることですし、余計な出費は控えたいところです。事実、すべてマタニティのものにせず、トップスなどはチュニックやワンピースなどゆったりとしたラインのものや、量販店のサイズの大きいもので間に合わせている人がほとんどでしょう。トップスなどお腹が大きくなっても無理なく着られるものは活用し、必要な物だけマタニティを取り入れる、というのが賢い選択であると言えます。ただ、間に合ったとしても、やはり大きくなったお腹や体型をきれいにカバーできるのはマタニティなのです。トップスにしたら例えば、普通の服だと前の部分の丈がせり出したお腹の分だけ短くなってしまいますし、ボトムもお腹をすっぽりガードするものが身体にもやさしいです。胸やお尻もふっくらしてくるので、下着などにも気を使いたいところです。そういうわけで妊娠中の身体に一番しっくり来るのはマタニティを置いて他にはありません。予算が限られているなら下着やボトムス、外出着や、仕事のある人は仕事着などをメインに揃えるのがいいでしょう。

フォーマルなどは、必要があればレンタルの利用も可能です。無理なく無駄なくおしゃれを楽しみ、デリケートになりがちな妊娠期間を自分らしく楽しんで欲しいと思います。